OLD BARREL 誕生の秘話

そして、想い。

「ハミルトン」という店でした

OLD BARREL(オールドバレル)は、以前「ハミルトン」という店でした。
ハミルトンは、10店舗以上の飲食店を展開していたA会社の1店舗でした。

平成11年からA会社に勤めていた私は、平成15年からハミルトンで店長を務めさせていただいていました。

平成17年7月30日21時。
いつものように仕事をしていた私に、上司から電話がかかってきました。

電話は「会社が明日で倒産する」という内容でした。

あまりに突然のことに頭が真っ白になり、その後の会話は良く覚えていませんが、電話の後、私は当時のスタッフ達と倒産に向け、行わなければならない店の片づけを、涙をためながら淡々と行いました。

家に帰り、寝られないまま迎えた平成17年7月31日の朝。
A会社の倒産がテレビのニュースで出ていました。
突然の倒産に沢山の従業員が露頭に迷いました。

その後、A会社の飲食店、全店舗は競売にかけられました。

A会社に勤めていた店舗の店長達は、店への愛着から、ほとんどの方がそれぞれの店舗の競売に参加していました。

競売参加にずっと悩んでいた私は、友人の強引な誘いで、気分転換に照国の六月灯に行くことになります。
神社にお参りをして、出店を周りながら「そろそろ帰ろうか」と言って、何気にふと上を見た瞬間、私の目にはハミルトンが映りました。

毎年照国六月灯の日は、凄く忙しいはずのハミルトンは真っ暗でした。

「それもそうか、だって営業をしていないんだから…」

そう思った瞬間、私の頭の中にはハミルトンで過ごした想い出や、共に働き笑いあったスタッフ達との想い出が怒涛のように流れ込んできました。
いつの間にか私の眼には涙が溢れ、人目を惜しまず泣いていました。

「何年か経った後。またいつの日かこうやってハミルトンを見上げた時に、自分の大好きだったハミルトンが、全く知らない人の手で、全然知らない店になっているのを絶対に見たくない!」

私がハミルトンの競売に参加する決意をした瞬間でした。

私が競売に勝つことは不可能と言われていました

競売参加を決めた私に、競争相手という大きな壁が立ちはだかりました。
ハミルトンの競売に参加した応募数は十数件。しかもその中には企業も参加していました。

自分の自己資金では話にならないと思った私は、各金融機関を回りましたが、何処にも断られました。
何の信用も無い当時26歳の私が競売に勝つことは不可能と言われていました。

どうしようも無かった私に、救いの手を差し伸べてくれた方が二人。

一人は私の兄。もう一人はMさんという昔からの店の常連のお客様でした。

Mさん一家とは、はじめ、店のお客様として仲良くなり、次第に娘さんの誕生日に呼ばれたり、家に招いてくれて一家全員と一緒に食事をご馳走になったり、色んな相談にのってくれた私にとって第二の母のような存在でした。

Mさんは、当時無知、無力の私に「情報」と「人脈」という形で温かい手を差し伸べてくれました。

私は自分の兄、Mさん、そして応援してくれた沢山の常連のお客様や、元ハミルトンのスタッフ達の多大なご協力のおかげで競売に勝つことができ、ハミルトンを自分の店として始められることが出来ることになります。

OLD BARREL (オールドバレル)
~Since1986~

 

平成17年10月13日
ハミルトンは OLD BARREL~Since1986~(オールドバレル)と名前を変え、新しくスタートしました。

OLD BARRELとは「古い樽」という意味です。
ウイスキーを樽で熟成させるとき、真新しい樽よりも、何回か使用した後の古い樽のほうが、より深い味わいと薫りを生み出します。

決して新しくはないけれど、古いからこそ出せる「あじ」を出していきたい。
そして私に想いを託していった、ハミルトン時代の仲間達の心も引き継いでいきたい。

「OLD BARREL~Since1986~」という店名には、そういう想いが込められています。
1986年はハミルトンがオープンした年です。

history

姉妹店 HINATAのオープン
株式会社 KAI-SHINの設立

 

OLD BARRELオープンから4年後、姉妹店 HINATAをオープン。飲食店の会社「株式会社 KAI-SHIN」(カイシン)を設立します。

株式会社 KAI-SHINの創立記念日は、私の兄の誕生日12月1日。

株式会社 KAI-SHINの営業理念には、「想われる前に、まずは人を想うことを忘れない」があります。
この言葉はMさんが私に教えてくれた言葉です。

 

若松 博之伸
  • 【名前】 若松 博之伸(わかまつ ひろのしん)
  • 【生年月日】 1978年(昭和53年)11月17日
  • 【出身地】 鹿児島県南九州市知覧町
  • 【実家の家業】 ガソリンスタンド
  • 【血液型】 O型
  • 【兄弟】 兄(16歳年上)姉(14歳年上)3人兄弟の末っ子
  • 【出身校】 松ヶ浦小学校卒業・知覧中学校卒業・頴娃高等学校中退
  • 【好きな言葉】

    目標のない人間に計画はない。
    計画のない人間に行動はない。
    行動のない人間に成果はない。
    そして成果の後、反省のない人間に新たな目標は生まれない。
    この「繰り返し」ではなく「積み重ね」こそが「成長」である。

 

おかげさまで10周年

夢、ありがとう

平成27年10月13日。
OLD BARRELは10周年を迎えることが出来ました。
私達はこの想いを持ち続け、2015年に迎えた10年を経て現在も営業を続けています。

 

KAI-SHIN 営業理念

想われる前に、まずは人を想うことを忘れない

お客様に対して

・1日最低1組、知り合い以外のお客様に、自分の接客で必ず喜んでもらう。

スタッフに対して

・スタッフが皆、それぞれの夢や目標に向かい生き生きと働いている。
・会社が目標に進むプロセスが、自分の夢を叶えていく為に必ず役に立つ。
・「プラン」→「実行」→「検証」→「改善」→そして「プラン」 この積み重ねで得られるノウハウとスキルが、自分が成長する為に必ず役に立つ。

スタッフ心得

・「想われる」前にまずは「人を想う」ことを忘れない。
・夢や目標を持っている。
・挨拶・返事は元気よく。
・不潔は命取り、掃除は隅々まで。
・仕事に対して責任感を持っている。
・素直に人の意見が聞ける。
・相手の気持ちになって物事が考えられる。
・誰に対しても感謝と思いやりの気持ちを忘れない。
・お客様が喜んでくれることが、自分の夢に一歩近づく。
・店とは人である、そこに役職は関係ない。常に見られている意識を持つ